新着商品

NEW キリン iMUSE( イミューズ)水のパッケージ
その他

本品には、プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

販売元:キリンビバレッジ株式会社

NEW キリン iMUSE( イミューズ)レモンのパッケージ
その他

本品には、プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

販売元:キリンビバレッジ株式会社

NEW キリン iMUSE( イミューズ)ヨーグルトテイストのパッケージ
その他

本品には、プラズマ乳酸菌(L. lactis strain Plasma)が含まれます。プラズマ乳酸菌はpDC(プラズマサイトイド樹状細胞)に働きかけ、健康な人の免疫機能の維持に役立つことが報告されています。

販売元:キリンビバレッジ株式会社

ルイボスティーパッケージ
内臓脂肪

本品には、葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)が含まれます。葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能があることが報告されています。肥満気味な方、BMIが高めの方、肥満気味でお腹の脂肪やウエスト周囲径が気になる方に適した食品です。

販売元:株式会社日本薬健

C1000 ビタミンレモンクエン酸パッケージ
疲労感

本品にはクエン酸が含まれます。クエン酸は、継続摂取により日常生活や運動後の疲労感を軽減することが報告されています。

販売元:ハウスウェルネスフーズ株式会社

「アミノエール」ゼリータイプ ロイシン40 パッケージ画像
筋力

本品にはロイシン40%配合必須アミノ酸※が含まれます。ロイシン40%配合必須アミノ酸※は、足の曲げ伸ばしなどの筋肉に軽い負荷がかかる運動との併用で、加齢によって衰える筋肉の合成をサポートすることにより、歩行機能の向上に役立つことが報告されています。※ロイシン40%配合必須アミノ酸には、ロイシン、リジン(塩酸塩として)、バリン、イソロイシン、スレオニン、フェニルアラニン、メチオニン、ヒスチジン(塩酸塩として)、トリプトファンが含まれます。

販売元:味の素株式会社

もっと見る

今週のおすすめ商品

養命酒製造 甘酒 パッケージ画像

本品には、パイナップル由来グルコシルセラミドが含まれます。パイナップル由来グルコシルセラミドには、肌の潤い(水分)を逃がしにくくする機能があることが報告されています。肌が乾燥しがちな人に適しています。

販売元:養命酒製造株式会社

液切りいらずのしっとりツナ 3袋セットパッケージ画像
中性脂肪

本品には EPA・DHA が含まれます。EPA・DHAには中性脂肪を下げる機能があることが報告されています。

販売元:株式会社ホテイフーズコーポレーション

瀬戸内かあちゃんの食べる小魚パッケージ
中性脂肪

本品には魚由来のEPA・DHAが含まれています。EPA・DHAには、中性脂肪を下げる機能があることが報告されています。

販売元:株式会社オカベ

揉一ひとえ粉末茶のパッケージ画像
内臓脂肪

本品には茶カテキンが含まれます。茶カテキンには肥満気味の方の内臓脂肪を低下させる機能があることが報告されています。本品は内臓脂肪が気になる方に適しています。

販売元:静岡県経済農業協同組合連合会

揉一ひとえ粉末茶

通常価格1,080円(税込)

詳しく見る
ヘル酢ケアサポートのパッケージ
内臓脂肪

本品には食酢の主成分である酢酸が含まれます。 酢酸には、肥満気味の方の内臓脂肪を減少させる機能があることが報告されています。本品は、健常人で内臓脂肪が気になる方に適した食品です。

販売元:ティーライフ株式会社

ヘル酢ケアサポート

通常価格3,980円(税込)

詳しく見る
GABA Sparklingのパッケージ
ストレス

本品にはGABAが含まれています。GABAには仕事や勉強による一時的な精神的ストレスや疲労感を緩和する機能があることが報告されています。

販売元:株式会社友桝飲料

食品で探す

Instagram
#カラダいいものネット

機能性表示食品とは?

機能性表示食品制度とは、国の定めるルールに基づき、事業者が食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出れば、機能性を表示することができる制度です。
特定保健用食品(トクホ)と異なり、国が審査を行いませんので、事業者は自らの責任において、科学的根拠を基に適正な表示を行う必要があります。(消費者庁公式サイトより引用)